U-NEXTで遊ぶ

U-NEXTの動画配信市場でのポジション

動画配信は、熾烈な競争市場です。

 

多くの新規参入があり、
スマートフォンは、少なくとも1人1台が当たり前
都市部では、Wi-Fi環境も整備されて、
地下鉄でも接続が切れるような事態はなくなってきました。

 

市場規模比較
出典:定額制動画配信サービス(SVOD)サービス別市場シェア推移

 

GEM Partners が行った消費者調査の結果から見ると
やっぱり、劇場年間興業収入より、動画配信サービス市場が81億円も多いのは、
それだけ消費者が劇場から動画配信サービスを利用しているということです。

 

ちなみに
動画配信サービスの内訳を見ると

 

動画配信サービス内訳
出典:定額制動画配信サービス(SVOD)サービス別市場シェア推移

 

定額制動画配信(SVOD)の占める割合が、80.2%と一番多いのです。

 

今後、さらに
5Gとなると、飛躍的にデータ量が増大します。
その設備も着々と普及しています。

 

そんな中
スマートフォン向けVODサービスが成長しています。

 

動画配信市場の伸び
2010年は、700億円しかなかった市場規模は
2018年には2000億円
2023年には、3000億円に迫ろうという勢いです。

 

約10年で1000億円の伸びです。

 

動画配信市場は急成長中

 

これに合わせて有料会員数も伸びています。
非公開のため、実数は不明です。

 

成長中の有料会員数

 

 

反対に
映像ソフトのレンタル市場は、縮小の一途

 

有料コンテンツ市場の推移
出典:http://jva-net.or.jp/report/annual_2019_5-15.pdf

 

2018年は有料動画配信市場がレンタル市場を初めて上回りました。
今後の動画配信市場
特に、スマートフォン向けの市場は拡大が期待されます。

 

そんな中

 

U−NEXTの他社にはない魅力は、

 

見放題作品数No.1動画配信サービス

 

の地位を築き上げています。

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにて、ご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

U-NEXTの動画配信市場でのポジション(続き)

★定額制動画配信(SVOD)サービス別市場シェアは、どのようなシェアになっているのか、
いつも動画をご覧になっている方は、ご存じだと思います。

 

下図をご覧ください。

 

定額制動画配信サービスSVOD市場シェア推移

 

出典:https://www.gempartners.com/news/20200213/

 

やっぱり、外資系が強いのです。
たとえば、
Netflix

 

それに、巨人Amazonも参入しています。
Amazonプライム・ビデオ

 

激戦区です。

 

U-NEXTは、

 

2019年上位は以下の通り

 

Netflix
DAZN
Amazonプライム・ビデオ
U−NEXT
Hulu
dTV

 

そんな中、
U−NEXTの戦略が見えます。

 

巨大市場、巨人の存在する市場における、ブルーオーシャン
これが
見放題作品数No.1動画配信サービス
だったのです。

 

全面的に戦いを挑んでも勝てません。
だから、
1点集中突破!!!
これをはかって、成功しています。
今のところです。

 

どのビジネスでも
大手は、ヴェンチャービジネスで成功した分野を
後付けで、資金力に任せて
参入します。

 

だから、
U-NEXTも、これで、安閑とするわけにはまいりません。
勝負は、これからです。

 

順調にシェア拡大中の日本発のサービスとは言え、油断禁物ですね。

 

 

ユーザー満足度についても、特徴があります。

 

ただ単に動画配信サービスで、
動画を見せればいいというものではありません。

 

そこには、ユーザーを引き付ける何か
これが無ければなりません。

 

★動画配信サービスの満足度ランキングについては、
U-NEXTは、どこにいるのでしょうか?

 

下図をご覧ください。

 

動画配信サービスのユーザー満足度

 

出典:みんなのランキング「動画配信サービス(VOD)に関する調査」

 

 

DAZN
dアニメストア
U−NEXT
Hulu
Amazonプライム・ビデオ

 

U−NEXTは第3位です。

 

その理由は

 

☆コンテンツ数が豊富
☆色々なジャンルの作品を観られるから楽しい

 

やっぱり、
見放題作品数No.1動画配信サービス
がユーザ満足度をささえています。

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにて、ご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

U-NEXTの電子書籍市場でのポジション

紙から電子媒体に、書籍のデジタル化が進んでいます。
そんな中の書籍市場の2015年〜2019年の推移表です。

 

電子 電子+紙

電子
対前年比


対前年比

電子+紙
対前年比

2015年 1,502 15,220 16,722
2016年 1,909 14,709 16,618 27.1% -3.4% -0.6%
2017年 2,215 13,701 15,916 16.0% -6.9% -4.2%
2018年 2,479 12,921 15,400 11.9% -5.7% -3.2%
2019年 3,072 12,360 15,432 23.9% -4.3% 0.2%

                          (単位:億円)

 

出典:公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所

 

2019年を見ると、紙の出版物は、12,360億円(前年比4.3%減、15年連続マイナスとのこと)
一方、
電子は、3,072億円(前年比23.9%増)
電子は、全体の19.9%の規模です。
電子+紙書籍トータルの規模が2014年以来、初めて前年を上回りました。

 

どんな本が売れ、どんな本が減少ているのか?

 

★紙の書籍の傾向

 

・文庫本、文芸、生活実用書、学参は低調
・ビジネス書、新書は、前年を上回り、児童書は健闘
 18年に亡くなった女優・樹木希林の関連書が年間を通して好調な売れ行きとなりました。
・雑誌は月刊誌、週刊誌、など減の中、コミックスが増
 コミックスは、大ブレイクした『鬼滅の刃』(集英社)を筆頭に映像化作品が好調で、前年を上回りました。

 

★電子書籍の傾向

 

・電子コミック(電子コミック誌含む)は約3割もの伸び
 「異世界転生」ジャンルの人気が高い
・電子書籍は緩やかな成長
 19年は宝島社の作品など未電子化作品の電子化点数の増加
 ライトノベルやビジネス書、写真集が特に伸び
・電子雑誌は、
 圧倒的なシェアを誇る定額制読み放題サービス「dマガジン」の会員数の減少

 

出典:公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所

 

そんな中、U−NEXTでの売上推移がものすごいことになっています。

 

U-NEXTにおける電子書籍の売上推移

 

2019年1月を、100とすると
2019年12月には、930

 

9.3倍にもなっています。

 

映画の公開
テレビ放送などとタイミングを合わせて
電子書籍も売上を伸ばしています。

 

だから、
2020年も引き続き、伸びることが期待されます。

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにて、ご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

 

 

U-NEXTで遊ぶ記事一覧

U-NEXT動画配信サービスとは?

U-NEXTは、2007年サービス開始見放題作品数No.1動画配信サービス映画ドラマアニメマンガラノベ※書籍雑誌などなど幅広いコンテンツ配信中観る読むどちらもお楽しみになれます。※ラノベ小説の分類の一つ。SFやホラー、ミステリー、ファンタジー、恋愛などの要素を、軽い文体でわかりやすく書いた若者向けの...

≫続きを読む

U-NEXTの今月の配信開始のおすすめ作品は、どれ?

公開から間もない最新作息の長い名作数多くのラインアップを持つU−NEXT2020年7月配信開始の作品からとっておきの作品をご紹介しましょう。※洋画〇パラサイト半地下の家族(7月3日)〇ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密(7月3日)〇キャッツ(7月8日)※邦画〇仮面病棟(7月3日)〇カイジファイナル...

≫続きを読む

U-NEXTの無料トライアル

無料トライアルとは、★お申込みから31日間月額プランの利用料が無料でお試しいただけるキャンペーンです。★特典もあります。最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼント!!※注意※新規会員登録による無料トライアルは、おひとり様1回までです。複数回のご利用は、特典対象外になります...

≫続きを読む

U-NEXTは見放題作品No.1

U-NEXTは見放題作品No.1って言うけど、景品表示法にひっかからないの?大丈夫です。GEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ)という会社による動画配信(VOD)市場5年間予測(2020-2024年)レポートもとに、以下の要領で分類整理したものです。各ジャンルSVODのみの実績の内、動...

≫続きを読む

U-NEXTのNHKオンデマンド視聴

そうなんです。NHKの番組も視聴できるのです。なぜかというと?テレビ局系の動画サービスではないためです。したがって、各民放テレビ局の番組だけでなく実はNHKの番組も視聴することが可能です。★NHKオンデマンドは、NHKで放送されたドラマドキュメンタリー情報バラエティなどさまざまな番組が楽しめるサービ...

≫続きを読む

U-NEXTの独占作品

独占見放題作品独占配信作品があります。内容の中心は、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマ★独占見放題作品とは、他社では有料での配信ですが、U−NEXTは見放題で配信する作品です。★独占配信作品とは、U−NEXTでしか観ることができない作品です。※どんな作品があるかというと?洋画独占作品一覧たとえば、こ...

≫続きを読む

U-NEXTの書籍サービス

★U−NEXTなら、電子書籍も読めます。ポイントは全作品で使用可能です。他社電子書籍サービスにあるような「一部の作品だけ」とか「1巻だけポイント利用できます。」なんてことはありません。ポイントは全作品で使用可能です。毎月1,200円のポイントが自動チャージされますから、これをお好みのマンガ、ラノベ、...

≫続きを読む

U-NEXTのサービスって、これだけ?

いえいえ、ご期待のあれです。Rのつくサービスふるいつきたくなるような動画もあります。50,000本以上大人だけ※注意※・DVD発売と同時配信開始なので、最新作が視聴できます。・FALENO作品独占見放題です。・U−NEXTポイント使えます。・上場企業運営、海外サイト、無料サイトより安心安全に観れます...

≫続きを読む

U-NEXTのファミリーアカウント/ペアレンタルロック

★ファミリーアカウント1つの契約で、無料でアカウントを3つまで追加できます。合計4アカウント毎月の1,200ポイントを4人でシェアできます。※4アカウントで同時再生、同じ時間に利用できます。・ポイントは親子で利用できます。・子アカウントはポイントの利用、購入制限ができます。家計にも安心!・子アカウン...

≫続きを読む

U-NEXTのポイント有効活用

毎月1,200円分のU−NEXTポイントが自動チャージされます。月額1,990円(税抜き)です。無料トライアルが終了すると、実質、毎月、その差額790円が持ち出しになります。そのポイントの有効な活用方法をご紹介します。(1) ポイント作品を視聴U−NEXTでは、最新映画などをDVDやBlu-Rayの...

≫続きを読む